HOME>info>もし鍵を無くしてしまったらどうしたらいいの?

もし鍵を無くしてしまったらどうしたらいいの?

住宅模型

鍵の紛失に気付いたら

鍵の紛失に気付いたら、本当に困ってしまいますよね。でも、何かに意識を奪われていたり、悩み事がある時に知らない間に鍵を無くしてしまうことはあることです。まずは落ち着いて、身の回りを探してみましょう。カバンの中のいつもの場所に無い時には違うポケットやカバンの底を見てみます。それでも無い時はポケットや定期入れなどいつも入れない場所も確認してみましょう。また、その場に落ちていることもあります。よく見回してみましょう。よくあるのが最初に探した場所にあったというもの。一通り探したら最初に戻ってみるのもコツです。それでも無いと確認できた時には自分の行動を巻き戻して探してみましょう。ふとした瞬間に置いてしまっていることがあります。会計の際のレジや駅の券売機付近など、置いてきた可能性があるところを探しましょう。それでも見つからず、合鍵を持っていない時は鍵屋に相談してみましょう。

スペアキーが出来ても安心しないで

鍵を無くしてしまって鍵屋さんに開けてもらい、合鍵をもらうと安心してしまうかもしれませんが、そこには大きな危険性が潜んでいます。鍵を拾った人が、悪質な人で合った場合、盗難にあう可能性があるからです。鍵が開いたからと言って安心せず、鍵が見つからないときは警察に遺失物届けを提出し、鍵屋に頼んで早めに鍵を全て交換してもらいましょう。また、賃貸住宅の場合は管理会社にも報告をしなければなりませんが、場合によっては罰金を払う必要があります。鍵交換も業者が決まっている場合があるので、管理会社に相談してから鍵を交換しましょう。鍵の交換は安易に決めずに防犯性能の高いものをチョイスしましょう。そうすれば、防犯対策としても安全性が高まるため安心して生活をすることができます。

広告募集中